RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

01
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

青葉心理クリニック

<< 母子癒着 その2 | main | 母子癒着 その4 >>
母子癒着 その3
0

    2. 心理学における母子癒着

     

    心理学に現れる母子癒着をすべて網羅的に述べることはできないので、ウィニコットの述べることを導入として、次回にユング派の精神分析家である河合隼雄の「母性社会日本の病理」へとつないでいく。

    ウィニコットの言う、ほどよい環境 good enough environment とは「最初幼児の世話という仕事にわが身を捧げ、次第に、自分を独立した人間と気づき直していく母親がいるということを意味」している。

    ウィニコットは「個人の情緒発達において、鏡の先駆は母親の顔である。赤ん坊は、母親の顔に眼差しを向けている時、一体何を見ているのか。赤ん坊がみているのは、通常自分自身であると思う。」と述べ、幼児の情緒発達における「環境」としての母親の役割とは、「赤ん坊に赤ん坊自身の自己を与え返す」ことだと説明している。

    good enough mother に対立する概念が perfect mother である。good enough は「ほどよい」という意味である。perfect motherはこどもの欲求が10あったとすると、10以上を与える母親であり、good enough mother とは7〜8を与える母親である。good enough mother が良いとされるのは、足りない2〜3を子供が我慢できるようになる、欲求不満に耐えられるようになる、そういう理由である。0しか与えないのは勿論ネグレクトであるが、それはここでは述べない。
    さて、もしperfect mother が現実に存在したとすると、子どもも母親もお互いがお互いから離れていくことは出来ないであろう。母ー子どもの閉塞した世界は何の不足もない満たされた世界であるからだ。しかし、これは神話の世界であり、現実ではない。母には別の欲望があり、子どもはそれによる母の不在の理由を知りたがるからである。それでもこの神話を目指す母と子どもはある。母親は他の欲望を喪失し、子供は母親に呑み込まれやはり他の欲望をなくし、受け身の状態で母親に支配されている。その状態がユングの言う意味での退行現象であり、お互いの心的エネルギーが自我から無意識の方に流れている、お互いが無意識の魅力に引き込まれていることに本人たちは気づかない。自我からエネルギーが流れ出て、自我がエネルギー不足になり、白日夢、非現実的な空想、感情に溺れ切った行動が現れてくる。エネルギーが本当に足りなくなると、うつ状態になり引きこもる。

    「非現実的な空想」という表現をしてしまうが、具体化をしないとその意味がわからない。例えば、就活をしなくても、いざとなったら起業すれば良いんだという若者がいるが、よほどの恵まれた条件がない限り、会社に務めることより起業が楽で、継続的にうまくいくことはないのである。就活がうまくいかなかったら、アルバイト、パートから始めればよいのである。就職できないことで思考に閉じこもり、自分を受け入れてくれない会社、社会を批判したり、自分を傷つけない自分が採用されない理由を「発明」する暇があるのなら、ボランティアでもいい、アルバイトでもいい、頭ではなく、体を動かすことを、行為、行動を、継続してやっていくことである。

     

    「いざとなったら起業すれば良い」というパロールが影響を受けやすい他の人の心に取り込まれ、浮遊するパロールとなることがある。そもそも根拠に乏しいパロールであるがゆえにそれを聞いた人の心の中で今までのその人の心的歴史の中に位置付けることが出来ない。何かの折にそのパロールが自分の考えのように、ある力を持って出てくると、その人は現実よりも「非変実的な空想」に支配されるようになる。母子癒着にある人が自分の状態を正当化するために言ったにすぎないパロールが、そばにいた人にそういう「感染」にも例えられるような事態を引き起こすこともある。それでも、母子癒着は外から見ると、母親はいつも子供のことを思う優しい母親であり、子どもはいつも母親のことを心配している親孝行な息子なのである。それで許されてしまうのが母性社会日本の病理なわけで、それを述べているのが河合隼雄である。


    さて、前のブログで、三島由紀夫がバタイユの「エロチシズム」を解説したものを引用したが、その中で「ウィーンの俗悪な精神分析学者」という表現があったが、それは誰であろうか? ウィーンといえば、まず最初に浮かぶのはフロイトである。しかし、以前のブログで触れたように、三島には精神分析を副題にした小説さえあり、その精神分析の元祖はフロイトなので、もしフロイトだとすると精神分析自体を否定することになり、それは考えにくい。そうするとユングしかないのではと思われるが、なぜユングなのか? それはユングがリビドーを性のエネルギーではなく、単なるエネルギーと考えたことにあるのではないかと思う。そう考えると、三島のいう「垂直のエロチシズム」ではなく、水平のエロチシズムになってしまうということなのだと思う。しかし、理解のための入口は、水平のエロチシズムで良いと思う。実践の場で、現実の母子癒着を見たときに、特にそれを問題として解決しようとした場合に、方向を垂直へと変えていかなければならないのである。垂直という方向があるのだということを頭に入れて、ユング的な考え方を入口にするのである。敵は手強いのである。ラカンのいう意味で「道徳」では無く、「倫理」に解決の道を模索することである。

    | 1.サイコセラピー | 05:16 | - | - | - | - |